野村證券主幹事のIPO銘柄

主幹事證券会社はIPOとどのように拘ってくるのでしょうか。
主幹事證券会社は株式公開を目指す企業に抒情準備段階の早いうちからかかわってきます。
証券会社の企業開発部と呼ばれる部署は、株式公開を目指す会社に公開までの手順や、書類の作成、上場基準を満たすためのアドバイスなどを行うのです。
證券会社は増資や、公募などで引き受け手数料が収益として入ってくるので、この早い段階で主幹事宣言書が入手できるかどうかが営業のポイントになります。
また、引き受ける力のある証券会社、つまり多くの個人顧客を持つ証券会社ほど引き受けた株券を販売する力があるため野村證券のような強い個人営業体をもっている証券会社が主幹事をしている事が多いのです。
また、野村證券にはそのような企業を成長させるアドバイス能力がある人材も多いのも確かで、現SBIホールディングス社長の北尾氏はソフトバンクのIPO以前からソフトバンクと拘ってきた野村證券出身者としてよく知られています。
證券会社にとって引き受け主幹事となるメリットは上場時だけではなく、その後の証券市場を通じた資金調達に関与する事で、引き受け手数料が大きな収益として見込めるために、営業上重要な位置をしめています。
IPOで公開までの役割が終わると、次は法人営業部隊が上場後のIR活動や株価動向などでかかわりを持つことになり、主幹事証券と発行会社との繋がりは常に深い関わり合いを持つことになります。
そのため、インサイダー取引の温床として過去に取りだたされたこともあるのです。
投資家と発行会社をつなぐ主幹事證券に野村證券が多い理由はこのような證券会社が発行会社にとって大きな役割を負っているためなのです。