GMOクリックでIPOを買う流れ

GMOクリックはIPOを扱っている証券会社の一つです。買うためには、ブックビルディングの申告と購入の二つの手続きが必要となります。まず、ブックビルディングに申し込みをします。このときには目論見書をきちんと確認してシステムを理解するようにしましょう。ウェブサイトにログオンし、ブックビルディングに申し込みを行います。ブックビルディングに参加していなければ購入できませんが、ブックビルディングに参加したからと言って購入できるわけではありません。ブックビルディングへの申し込みを行って参加した後に、改めて購入の申し込みを行う必要があります。

購入の申し込みをするときには資金が十分にあるかどうかを確認しておかなければなりません。GMOクリックの場合、買い付け余力がなくても購入の申し込みができますが、その場合には抽選の段階で除外されます。ですから、買い付け余力が十分にあるのかどうかを自分の目で確認した上で購入の申し込みを行いましょう。そして、抽選が行われます。抽選はランダムに行われますから、特定の誰かに割り当てられることはありません。

GMOクリックで買うことのできる売買単位についてですが、これは状況によって異なります。GMOクリックが引き受けたIPOの株数によって変わってくるわけです。まず1単位分の抽選が行われます。ですから、1単位しか買うことのできない場合もあります。希望者が少なければ、すべての人に対してIPOを1単位分割り当てます。そして残ったもので、さらに希望者がいる場合にはさらに割り当てます。これを繰り返していき、最終的には抽選で割り当てることになります。このような流れですから複数単位を買える場合もありますが、人気のあるものなら1単位買うのが普通です。