IPOの初値予想は簡単にはATARANAI

IPOの初値予想というのは非常に難しいものであり、なかなかATARANAIものとなっています。
そもそも株価予想自体が簡単にはATARANAIものですが、過去のデータが存在しないIPOの場合にはさらに初値予想ATARANAIものとなります。

まず、IPOの初値予想の根拠となるものがファンダメンタルズ分析によるもので、業績であったり成長性やまた同業他社との株価の比較によってこのぐらいの株価が適正なものだと予想されます。
公開価格に関してもこのようなプロセスによって決まり、一般的に適正株価よりもある程度ディスカウントした金額で売りに出されることとなるので公開価格で手に入れることができた人というのはこのディスカウント分だけ利益が出安い状態となります。

しかし、株価というのは必ずしも適正な価格で落ち着くものではなく過熱気味に暴騰をしたり暴落をしたりするものですから、初値が高騰しそうになれば買いが買いを呼ぶ展開となりどんどん価格がつりあがっていき、逆に公開価格に満たないぐらいの価格で寄りそうになった時には売りが売りを呼ぶ展開となって安い金額で初値がつくということもあります。
そして、このような状況というのは当日の地合によっても変わってくるものであり、実際に上場をして見なければわからない部分もあるため、簡単には初値予想がATARANAI理由のひとつとなっているのです。
ある程度人気が確実で上昇は間違いないといった銘柄であったり、公開価格我の危険性が高い銘柄というものを判断することはできたとしても、ピタリと初値予想を当てるということは難しいものでありこれは株価の分析をしているプロであっても容易に当てることができるものではないのです。